転職で成功する人、失敗する人~転職成功する人の行動ポイント3つ~

「転職してもあまり変わらなかった」「転職しないほうがよかった」・・・
転職は、キャリアにおける大きな転換点です。転職後すぐに、また別の会社に転職するとその後のキャリアにあまりいい影響があるとは言えませんし、前の会社に戻るというのも、よっぽどの理由がなければ難しいです。
転職に成功する人は、どういった特徴があるのでしょうか。

1、転職で実現したい事を明確にしている

転職したいと思った理由として、
「現状の不満を解消できる職場で働きたい」という現職への不満からくる理由や、「転職して、こんなことを実現したい」という理由があるはずです。
現職での不満については、「残業時間が長い」「人間関係で悩みがある」「給与が低い」など、「こんな会社は選ばない」という指標になります。
転職して実現したいキャリアが優先であることはもちろんですが、求人票に書かれている条件や給与にひかれて、もともと思っていたより多くの条件を求めてしまったり、妥協すべきでないところで妥協してしまったりします。

ポイントは、ぜったいにゆずれない条件と、あったらいいな条件を自分の中で明確にしておくことです。

とはいえ、今のスキルや経験と照らし合わせて、できること・できないことをわきまえるのも重要です。「やりたい!」と思う職種で、未経験であれば好条件を求めるのは難しいでしょう。
給与面を優先するのか、未経験でも働ける職場を優先するのか、明確にしておきましょう。

2、複数の転職手段を利用している

転職は、転職エージェントに依頼する方法や、転職サイトで求人検索して自分で応募する方法、また企業にダイレクトで自己応募する方法などがあります。
転職エージェントにコンサルティングを依頼するのは有効ですが、転職エージェントだけにまかせきりにするのも危険です。
転職エージェントのビジネスは、求職者からはお金をもらわず、企業から成果報酬でお金をもらうモデルです。そのため、エージェントは自社で契約のある企業を勧めたいと思いがちですし、できる限り早く転職を決めさせたいと思う傾向にあります。

そのため、あくまで自分の納得する転職ができるように、転職エージェントをうまく活用することが重要です。

転職エージェントが提示する求人だけでなく、転職サイトで検索して自分に合った求人を探してみる事や、SNS・ブログを通じて、応募企業について知ることも重要です。

また、転職サイトには、「スカウト」という機能があります。
スカウトは、転職サイトに登録した経歴やスキルをみて、企業から直接スカウトが届く機能です。スカウトは、「面接確約」や、ベンチャーであればいきなり社長や役員と面談できる可能性が高いため、スカウトを活用するのもおすすめです。

注意するポイントは、自己応募の場合、年収交渉なども自分で行う必要があることです。
転職エージェントに依頼すると、面接前に推薦状を送り、面接の日程調整を行い、内定後入社までに年収交渉も行ってくれます。
完全に自己応募の場合は、求職者にとって不利になる場合が多いため、
「複数の転職手段を使いつつ、エージェントを活用する」のが効果的だと思います。

3、応募企業と条件を明確ににぎっている

先ほどの年収交渉の点とも重なりますが、転職で成功する人は、入社確定前に必ず条件を明確にしています。
面談で内定が決定すると、企業は「採用内定通知書」を発行します。採用内定通知書には、
・配属先や職位
・勤務地
・勤務時間
・休暇
・給与
・賞与
・その他支給される費用

などが記載されています。
給与や休暇等の条件が面接時に話していた内容と相違ないか確認しましょう。
また、給与については、額面だけでなく、実際の手取りはどうなるかを考えましょう。
例えば、給与額に、「40時間残業代を含む」という場合は、残業時間が40時間を超えない限り残業代は支給されません。
実際の手取り額がいくらになるか簡単にシミュレーションするようにしましょう。


以上、転職で成功している人の行動ポイントをお伝えしました。
応募企業との面接取得や、入社前の条件交渉は、とくにエージェントの支援を借りるのが効果的です。
ぜひ、自分で転職理由も明確にしつつ、転職活動を進めてみてください。

このサイトをフォローする!