転職するべき?今の会社にとどまるべき?転職しないほうがいい人の判断基準

選択肢その一:転職しない

ITコンサルとして勤務していた会社で、尊敬する上司からよく言われていたことのひとつが、「『なにもしない』が第一選択肢だ」でした。コンサルタントは解決策を提示するためにいろんな調査をして、あらゆる選択肢のメリット・デメリットを提示するのですが、その選択肢の一つは「何もしない」なのだというのです。
転職も同じで、転職を考えたとき、どんな会社に転職するかということ以前に、「転職しない」が一つの選択肢です。でも、転職したいと思って転職活動してるのに、「転職しない」を選ぶのってイヤですよね。で、どういうときが「転職しない」なのかを考えてみました。

1、転職理由が自社内で解決できる

仕事の選択において、何が重要だと考えるか、その指標について、今どれくらい満足しているか考えてみます。
たとえは、次の5つが重要だと考える指標だとします。

1)年収
2)やりがい
3)ワークライフバランス
4)成長
5)人間関係

おそらく、これらに点数をつけたとすると、転職したいからにはすべて満点というわけにはいかず、どこかに難があると思います。

しかし、この不満は、本当に転職しなければ解消できないことなのでしょうか。

年収に不満があるとすれば、評価面談の際にアピールすることができます。
もし残業があまりにも多く生活に支障をきたすと感じているなら、業務時間について相談したり、部署異動を相談したりすることもできるかもしれません。

もちろん、社内での部署異動やキャリアアップだって、そう簡単なことではありません。しかし、転職して全く新天地で、今よりいい条件でキャリアをスタートするのはもっと難しいと思います。

まず自社内で解決できることかを考えて、できるのであれば、「転職しない」の選択肢も見えてきます。

2、自社内で自分の市場価値を上げる余地がある

今いる会社で業績を上げて、結果を出してこそ自分の価値があがります。もし、まだ自社内で自分の看板になる仕事を達成できていないと感じるなら、まだ自社内で自分の価値を上げる余地があります。

転職は、キャリアアップのチャンスでもあります。現職への不満から、「転職したい」と考えて早々に転職してしまうと、本当はより条件のいい、さらに成長できる環境で働けたはずが、条件を落としての転職になる可能性もあります。

結局、年収は「相場」で決まります。
転職市場における自分の価値を上げる最も簡単な方法は、「今の会社で成績を残す」ことだと思います。

3、自分の能力が自社のノウハウ・ネットワークに特化されている

このパターンは若手には少ないと思いますが、同じ会社に10年以上勤めている場合、自分の能力が所属企業特化型になっている可能性があります。

能力とは、専門の知識やスキルだけではありません。人脈です。会社でやりたい事、困ったことがある場合、誰に相談すればいいか、その人脈や社内政治に精通しているという意味です。

「イントレプレナー(社内起業家)」という言葉がありますが、会社で新規事業に取り組むとき、起業家的にアイデアを出して事業を推進する人とともに、社内の交通整理をして的確に予算承認をとっていける能力を持つ人も同じくらい重要な役割を持ちます。

そういう人の場合、新しい環境に出ると、またゼロから人間関係を構築していくことになるので、自社にとどまったほうが活躍でき、よりやりがいのある仕事に携われる場合があります。

結局、条件や業務内容じゃなくて誰と働くかで仕事の幸せは決まる

転職は正直偶然のご縁なんじゃないかなとも思います。一人一人のバックグラウンドや希望条件からそのときに転職できる求人は検索できますが、条件に当てはまる、世の中すべての会社を精査することはできません。そういう意味で、求人に出会うのもご縁です。会社とご縁があるかどうかは、結局その社員と一緒に働きたいかどうかだと思います。

転職するのか、とどまるのか、条件や基準はありますが、そこにいる人と自分を並べて考えてみてください。どんなに年収がよくても、一緒に働きたくない人と一日の大半の時間を過ごすのは苦痛です。

転職しないほうがいいかな?と迷う人は一度相談してみてください。

\ ご相談は公式LINEアカウントから /

LINE公式アカウント:http://nav.cx/iuTUf57

このサイトをフォローする!