転職エージェントはどう選ぶ?エージェントを利用する際の注意点といいエージェントの選び方

転職エージェントは、できる限り早く転職してほしいと思っている

転職エージェントは、そのビジネスの仕組み上転職者に早く転職を決めさせようとする傾向にあります。
転職エージェントがお金を儲ける仕組みを考えたことがあるでしょうか。
多くのエージェントは、求職者からお金をとることはありません。企業からとっています。
求人企業に対し、紹介した求職者が就職(成約)した場合に、その成果として年収の何割かを受け取るという仕組みです。
求職者の転職が決まらなければ、エージェントに報酬が入らない仕組なので、それはなんとか転職を成功させてほしいと思うものです。

良いエージェントの選び方

前回にひき続き、北野唯我さんの『転職の思考法』に述べられている、「良いエージェント5か条」を紹介します。

1、フィードバックが的確

エージェントは、求人企業から、求職者に関するフィードバックを受け取りに行っています。そのとき、どこが良かったかという高評価だけでなく、もし入社した場合にどのあたりが懸念点であるかまでを確認してくれるのが良いエージェントです。
「よかった」と言われれば、当然求職者側としてはうれしいものです。エージェントにとって、求職者が断る理由を作る懸念点も、求職者のことを思ってしっかり伝えてくれる人こそ、信頼に足りるエージェントだと述べています。

2、俯瞰してくれる

求人について、条件面の良しあしだけでなく、求職者のキャリアを俯瞰して、なぜこの求人があなたのキャリアにとっていいのかを考えてくれるエージェント。

3、交渉ができる

これはエージェントの重要な役割の一つですが、採用内定に対する回答時期の延長や、年収交渉をきちんとやってくれることは重要なポイントです。

4、粘り強い

冒頭でも述べた通り、できる限り早く転職してほしいと思うのがエージェントの性です。それを、「他に良い求人はないか」という要望に、粘り強く答えてくれるエージェントは良心的です。

5、融通がきく

求職者にとって、次の長いキャリアを共にするかもしれない企業選びなら、社長・役員だけでなく、現場の社員とも会ったうえで決断したいもの。面談についても柔軟に対応してくれるエージェントだと、求職者も大変助かります。

これに加えて、個人的にこういうエージェントが担当者だったらうれしいという人は、想いをもって求人を紹介できる人です。
エージェントによっては、初回面談でヒアリングし、条件面で検索してあてはまる求人票を20枚も30枚も出してきて「まず眺めてみてください」というのでオワリ。
これは極端ですが、つまり検索して求人票を出してきてくれるだけなら、自分でもできるわけです。一つ言えることは、検索して出てこない非公開情報を提供してくれるというメリットはありますが・・・
もしただ大量の紙を渡されるだけのようなら、少なくともほかのエージェントでいいなと思ってしまいます。

大手か、中小か

エージェントの規模の大小はあまり問題になりません。
ひとつ違いを言えば、大手エージェントは求人数が強みなので、業種・職種ともに豊富に情報を持っています。
一方中小規模のエージェントは、どこか専門特化した企業が多いと思います。外資系コンサルに強い、広告系に強い、エンジニア転職に強い、等。
専門特化したエージェントは、その分野においてとがった求人を持っていたり、特別な転職のノウハウを持っている場合があります。
業界特化の転職を検討する場合は、専門分野が明確な中小規模のエージェントを利用するのもいいでしょう。

エージェントを選ぶ価値

求人企業の立場からエージェントとの関係を言えば、エージェントは採用方法の一つにすぎません。
ダイレクトリクルーティングサービスを用いる、マッチングサービスを利用する、社員からの紹介など、よりコストがかからない方法は更に増えています。

そんななかで転職エージェントを選ぶ価値は、スピードとともに、自社のことをよく理解してくれ、最も適切な候補者を送り出してくれることだと思います。

エージェントたるものどうあるべきか・・というべき論になってしまいましたが、求職者の立場からして、どういうエージェントを選ぶかという視点の一つになれば幸いです。

\ ご相談は公式LINEアカウントから /

LINE公式アカウント:http://nav.cx/iuTUf57

このサイトをフォローする!