転職活動は在職時に 退職意思を伝えるタイミング

最近、転職のご相談に来られるとき、すでに退職している方によくお会いします。

「退職してから転職活動に専念しようと思いました」

「就活で、なかなか決まらず妥協で入社したものの、やっぱり合わなかったので年度末で辞めました」

パワハラがある、法定の基準を超えて残業があまりに多いなど、やむに已まれぬ理由があれば仕方ないですが、基本的に次の職が決まっていない時点での退職はおすすめしません。

転職先が決まる前に退職することのデメリット

転職活動をしたいと想いながら、現職の業務があまりに忙しく、転職活動の時間がとれないと思う人もいるかもしれません。あるいは、転職活動を始めて選考も徐々に進みはじめ、次の仕事に気持ちが向くあまり、早く退職意思を伝えたいと思う人もいるかもしれません。

転職先が決まる前に退職が決定してしまうと、「〇月〇日までに転職しなければ無収入になる」という危機感をもちながら転職活動をすることになります。

有給休暇の消化期間が終わってまだ決まらないとなると、焦りから冷静な判断ができなくなります。

「とにかくどこでもいいから決めたい」と、妥協で会社を選び、結局また転職を繰り返してしまう、、、という不のスパイラルに陥ることになります。

万が一短期離職が続いてしまうと、その次に転職したいと思った時に、書類選考でずいぶん不利になります。

会社に雇用されていると、毎月当たり前のように給料が入ってくるので、「月給が入ってこない」という危機感が本当に目の前にやってこないとリアリティを持てないのかもしれないなぁ、と思っています。

退職意思も、内定が出てから伝える

退職意思を伝えるタイミングも、転職する会社から内定が出てからにしましょう。転職活動をしていると、転職後の仕事のイメージがふくらみ、最終選考にでもなれば、もうほとんど決まるだろうと、転職が決まったような気分になります。

退職を打診して、引き留めに合うかも、、、と見越して、内定が出ていない段階で、早め早めに退職意思を伝えたいと思う気持ちも分かります。

しかし、意外にあっさり退職合意がとれ、最終出勤日がかなり目の前で決まってしまうこともままあります。

基本的に退職することをいつ所属部署に公開するかは本人の意思が尊重されますが、直属の上司に伝えればそのレイヤー以上の人には話が伝わりますし、現場にもどこからか話が伝わるものです。

もう辞める人が長く職場にいても現場の士気が下がるので、そんなに引き留めようとも思わない可能性も十分にあります。

「こんなにあっさり退職が決まると思わなかった」という方がいますが、特に第二新卒の方で、引継ぎが少ない、責任者を務めるプロジェクトがないという人ほどあっけないほどあっさり退職が決まると思います。

私自身も、第一希望の会社が最終面接まで進んだ段階で退職意思を伝え、その会社からお見送り連絡がきて大変焦ったという経験があります・・・。「もういけるだろう」と過信せず、退職交渉のは確実に転職できることが決まってから行いましょう。

このサイトをフォローする!