職務経歴書の書き方~採用担当者が見るポイント、会いたい!と思われる職務経歴書とは~

今回は職務経歴書の書き方についてお伝えします。就職の際、多くの場合は履歴書のみで書類審査が行われるため、初めて転職される方は「職務経歴書」じたいどういうものか知らないという方もいるかもしれません。今回はその職務経歴書の書き方と、書面を読んで「会いたい!」と思われるポイントについて解説します。

そもそも履歴書と職務経歴書の違いは?

履歴書は、基本情報、学歴・職歴、希望年収、勤務時間などの条件をシンプルに記載するもの。およそどの企業もフォーマットが決まっています。
一方職務経歴書は、担当した業務について、担当業務やプロジェクトごとに仕事の内容や自分の役割、実績、成果を詳細に記載するもの。フリーフォーマットで、自分が伝えたいことを書くことができる文書です。

採用担当が見るポイントとして、履歴書と職務経歴書の違いは以下の通り。

<履歴書>
・通勤圏内か
・職務経歴から応募先との関連性はどうか
・転職回数から適職性はどうか
・希望給与のへだたりがないか

<職務経歴書>
・職務経歴から実務能力は十分か
・強み・スキルが人物像にマッチするか
・転職目的が明白で納得できるか
・仕事に対する意欲は十分か

履歴書はまず選考するうえでの「必要条件」を、職務経歴書はより理想の人物像として適切かをみる「十分条件」を見ていると言えます。

職務経歴書のフォーマット

①冒頭:
「職務経歴書」と冒頭に中央寄せで書き、日付と氏名を右寄せで記載。日付は提出日またはその前日、郵送の場合は投函日にします。

②職務要約:
所属会社・部署を記載し、その組織においてどのような役割でどんな実績を残したか、3~4行ほどで要約を書きます。

③会社概要:
勤めていた会社が中小企業やスタートアップであった場合、会社名からどんな事業内容なのかわからない場合があります。そのため会社概要も記載しておくと親切です。

④職務内容:
年度別またはプロジェクト別で業務の詳細を記載します。記載のポイントについては後述します。

⑤資格・特技:
保持している資格や特技について書きます。履歴書にも記載する内容なので、補足するような形で記載します。

⑥その他活かせるスキル:
PCスキルなど、資格ではないものの応募職種に関連して役立ちそうなスキルについて記載します。

⑦自己PR:
自分のアピールポイントを端的に記載します。自己PRの書き方についてはこちらの記事を参照

職務経歴の書き方

職務経歴書の書き方は大きく分けて、「編年体」による書き方と「キャリア別」の書き方があります。

<編年体/逆編年体>
年月でくぎって、時系列で業務内容を記述する方式。営業・事務など、特定のプロジェクトがない職種に向いている書き方です。日本の場合は過去から現在にむかって書く「編年体」が一般的ですが、外資企業などは現在から過去に向かって書く「逆編年体」で書くことが多いです。日系/外資の違いに寄らず、直近の業務を強調したい場合は逆編年体で書くのも効果的です。

<キャリア別>
業務内容やプロジェクトごとに職務経歴を記載する方式。エンジニアやコンサルタントなど、プロジェクトごとで様々な業種に関わる仕事をしている人に向いています。

編年体/逆編年体、キャリア別、どちらが効果的に経歴をアピールできるかを考えて選びましょう。

職務内容の書き方のポイント

職務内容は、職務経歴書の最大のアピールポイントです。読みやすさも意識しながら、フォーマットを工夫して記載しましょう。

★ポイント
・編年体・キャリア別どちらも、時系列で書き出しましょう
・見出しをつけて、読みやすさを意識しましょう
・「何をやったか」だけでなく、「どんな成果を出したか」「どんな工夫をしたか」を書きましょう

<書き方の例1:営業>
2015年4月~2015年5月 新人研修
自社商品、在庫管理の考え方、ビジネスコミュニケーションについて学習。

2015年5月~現在 コスメ商品事業部 営業二課
【担当業務】
自社化粧品の販路営業。1年目は既存顧客のルート営業を中心に、2年目からは自らの発案で新規開拓も行っていました。薬局やデパート等、販売店での売上管理や在庫管理を専属で受け持ち担当。
【担当顧客】担当社数約30社
【実績】
20XX年 売上〇万円(目標120%達成、全社新人賞獲得)
20XX年 売上〇万円(目標150%達成、部内順位〇人中〇位)
【アピールポイント】
・コスメ商品を直接顧客に販売する店舗の従業員の方から商品の売れ行きについてこまめにフィードバックを受けることを心がけ、流行・シーズンに適切な商品を卸せるように工夫しました。
・その結果、店舗ごとの商品売上が向上し、目標を上回る成果を残すことができた。

<書き方の例2:システムエンジニア>
2015年4月~2015年6月 新人研修
プログラミングの基礎、資格取得に向けたテキスト学習、ロジカルシンキングについてのワークショップ等。

2015年7月~2017年9月 医療事業本部に配属
■2015年7月~2016年7月 大手製造業向け受発注管理システム保守プロジェクト
【プロジェクト概要】
大手部品メーカー向けに自社で開発する受発注管理システムの追加開発を実施。メンバーとして詳細設計の画面設計から担当。
【担当業務】
【チーム/役割】
3名/メンバー
【環境/使用言語】
Windows
Java
【アピールポイント】
メンバーではありながら、画面設計の部分は責任者として担当し、クライアントとの打ち合わせを自ら進めることができた。クライアントの要望と社内の開発担当とを調整する能力が身についた。
・・・(以下同様にプロジェクトごとに記載)

会いたい!と思われるポイントは?

採用担当者は、実務能力として自社に適しているか?という観点とともに、この人材を採用することで、自社を成長させてくれるか?というポテンシャル面でも見ています。
そのため、職務経歴にある能力の面だけでなく、ソフトスキルや熱意が重要になります。
ある程度大きな企業であれば、キャリアシフトで挑戦してきた人材で、即現場で活用できるスキルを持っていなかったとしても、その人の経験を生かして将来自社の事業領域を拡げられたり、新規開拓ができたりする可能性があると判断すれば、採用につながります。

職務経歴書の添削を希望の方は

各転職サイトや転職エージェントでも、基本的に職務経歴書は無料で添削してもらうことができます。
また、このnoteにコメントまたは下記ウェブサイトの問い合わせからご連絡いただいた方にも、無料で職務経歴書の添削を受け付けています。
希望される方はぜひご連絡ください。

このサイトをフォローする!