自分にぴったりの会社に出会える情報収集のポイント5つ

転職を考えたとき、大半の人がまず「転職サイト」に登録して、求人を探すことから始めると思います。
転職サイトに登録してみて、個人的な最初の感想は、
「情報が多すぎる」
「どれもよさそう」
・・・

なんとなく求人を眺めてると、「気になる」をブックマークした企業が山積みになって、結局どれにも応募しない状態で1時間、2時間と費やしてしまったということも。笑

転職活動で適職に出会うために効果的なのは、
・選択肢を絞って
・現場の情報をとりにいく

これにつきます!
以下、そのための行動例とポイントを5つお伝えします。


1、<自分の軸を決める>自己分析を徹底する

転職活動を始めるときに行う事ですが、まずは「なぜ転職したいのか?」「転職して、どんな仕事がしたいのか?」「理想の働き方は?」を今一度考えてみることが重要です。
求人は無数に存在します。その中からぴったりの求人に出会う方法は、自分の選択の軸を明確にすることです。


2、<選択肢を絞る>転職サイトで検索条件を工夫する

転職サイトに登録する際、現職の情報を入力します。その情報をもとに、オススメ求人が表示されますが、業種・職種だけでは選択肢が多すぎるほか、別業種・別職種への転職を考えている場合、オススメの求人におもうような情報が出てこない場合があります。
多くの転職サイトは、詳細な検索条件の設定や、フリーワードでの検索ができます。
検索結果が多すぎる場合は、条件を工夫して検索結果を絞るようにしましょう。

<検索条件の例>
業種・職種
年収
勤務地
契約形態
未経験の可否
フレックス制
休暇日数
服装
事業成長性
社員数


3、<検索で出てこない求人情報を知る>転職エージェントを活用する

求人には、「公開求人」と「非公開求人」があり、ウェブ上に公開せず転職エージェントが独自に持っている情報があります。転職エージェントは、ふだん企業の人事担当者と綿密にコンタクトを取り、どんな人材が求められるか最新の情報を持っているので、より生の情報を仕入れることができます。転職エージェントによって、「ITに強い」「20代の転職に強い」「女性の転職に強い」など特色があるので、求人数の多い大手だけでなく、得意分野のある転職エージェントを利用するのも効果的です。


4、<好条件をつかむ>スカウトを活用する

自分で求人検索するほか、「スカウト機能」を活用するのもポイントです。
スカウト機能とは、転職サイトを通じて、企業からダイレクトに「スカウト」メッセージが送られる機能のことです。
良質なスカウトを受け取るには、登録している転職サイト等のツールに、あなたのプロフィール(職務経歴)を充実させておくことが重要です。
スカウトは、相手側から「ぜひ応募してほしい」というメッセージのため、より好条件の求人を受け取れる可能性があります。

<スカウト機能を利用する際の注意点>
スカウト機能からは、企業の採用担当者の他、他社転職エージェントや、いわゆるヘッドハンターからのスカウトも送られます。

・企業の採用担当者からのスカウトの場合の注意点
企業の担当者と直接やり取りすることになるので、いわゆる自己応募になります。実際入社の運びとなった場合、最終的な年収交渉などは自分で行うことになります。

・他社転職エージェント・ヘッドハンターからのスカウトの場合の注意点
現在すでに転職エージェントを利用している場合は、さらに求人情報の提供を受けるので、選別する情報が増えることになります。エージェント・ヘッドハンターの得意分野が自分の探す求人のジャンルとマッチする場合、一度面談してみるといいでしょう。


5、<社風のチェック>会社のブログやSNSを見る・社員に会う

自社のメディアやSNSで発信している企業であれば、必ず目を通しておきましょう。直接的な求人情報ではありませんが、ブログ等を見ることで社風を確認できます。
また、真剣に入社を検討する企業の場合、可能であれば社員に会う機会を作りましょう。会社によっては、外部の人を含めたカジュアルな交流会を開催していたり、役員・社員が登壇するイベントがあったりします。面接以外の機会で応募企業のメンバーに会うことは、正直な意見をきく機会になります。


以上、ぴったりの会社に出会うための5つのポイントでした。
求人の海におぼれることなく!情報収集を工夫してみてください。

このサイトをフォローする!