自己分析編その3 パーソナリティを知る

自己分析のポイント第3弾は、パーソナリティについてです。

「パーソナリティ」とは、その人の資質や性格、志向などを指します。単純に言うと「好き・嫌い」のことと捉えてもOKです。

パーソナリティを問うための質問として、次のようなものがあります。

・これまで夢中になれたことは?

・情熱を注げることは?

・時間と労力をかけたいと思うことは?

特段情熱をもって取り組んだことがないという人は、下記のような質問も当てはまります。

・やっていて苦痛にならないことは?

・理解しやすいことは?

なぜパーソナリティを知るといいの?

パーソナリティごとに、興味を持ちやすい職業や、能力を伸ばしやすい職業・業務内容の傾向が分かれています。自分のパーソナリティに合う仕事を選ぶことで、より早く能力を伸ばせる可能性がありますし、仕事をしていて納得感もあるはずです。

もちろんスキルは経験と学習で補うことができるので、パーソナリティに合わない仕事を選んではいけないというわけではありません。転職や就職における仕事選びの指標や、自分の得意を伸ばせる領域の指標として活用するという程度で良いと思います。

パーソナリティの分類

では、具体的にどんなパーソナリティがあるのでしょうか。

パーソナリティの分類は様々ありますが、代表的なパーソナリティとして、ホランドという人が提唱した6つのタイプ分類があります。

ホランドの6タイプ

ホランドは、次の6つにパーソナリティを分類しました。各タイプの概要と、タイプごとの職業の例を並べています。

現実的・・・機械を操作したり、モノづくりをしたりするのが好き。

職業の例)システムエンジニア、職人

研究的・・・研究的な仕事が好き。論理的思考、計算能力が高い。

職業の例)研究者、コンサルタント

芸術的・・・アートにかかわる仕事が好き。独創性や想像力がある。

職業の例)デザイナー、音楽家、クリエイター

社会的・・・人と接する仕事が好き。社交性がある。

職業の例)教師、営業、サービススタッフ、介護士

企業的・・・企画や組織運営の仕事が好き。マネジメントが得意。

職業の例)事業企画担当、管理者、経営者

慣習的・・・決まりに従って同じことを繰り返すのが得意。

職業の例)事務

ホランドの6角形モデル

パーソナリティを知る手がかり

自分のパーソナリティを知る方法として、テストを受ける、キャリアコンサルタントと面談するといったものがあります。

手がかり1 テストを受ける

上記ホランドの6タイプと適職診断ができる代表的なテストに、「VPI職業興味検査」という心理検査があります。

これは、タイプ別に分類された160の職業から、興味がある職業をひたすら選択することで、自分のタイプを診断するというテストです。ハローワーク等で受験することができます。

VPI職業興味検査は、専用のカーボン紙に手書きで行うテストなので、ハローワークなどの専門機関や、テストを実施できるキャリアコンサルタントに依頼する必要があります。

ウェブで手軽にできる無料テストとしておすすめなのが、「16Personalities」

https://www.16personalities.com/ja

「MBTI」という、4つのタイプと16のパーソナリティに分類する指標をもとにつくられた心理検査の簡易版です。2020年2月現在、テスト結果の詳細は英語でしか見られないので、グーグル翻訳などを活用してテスト結果を参照してください。

MBTIでは、それぞれのタイプを4つのアルファベットで表現しています。

それぞれのタイプに適職が挙げられていますので、ホランドの6タイプと同様、自分に向いている職業の目安にすることができます。

いずれにしても、テストを受けるうえで重要なのは、「受けっぱなしで終わらないこと」!!

一般的に、心理検査に興味がある人は多いと思いますし、テストを受けるのは単純に面白いです。しかし、テストを受けて、結果を見ただけでは、占いをやったのと同じ。

テストをパーソナリティ分析や、適職診断に活用したいなら、ぜひテスト結果をキャリアコンサルタントに共有し、フィードバックを受けるようにしてくださいね。

手がかり2 キャリアコンサルタントと話す

キャリアコンサルタントは、パーソナリティとその適職に関する知識(もしくは、参照先の情報)を持っていますので、キャリアコンサルタントと話すことで一緒にパーソナリティを考えることができます。

テストを受けている場合は、テスト結果を指標にしながら会話するほうがよりパーソナリティの深堀りができるので、ぜひテスト結果をもってキャリアコンサルタントとお話ししてみてください。

今回はここまで!

次回は3つめのポイント、「価値観」についてお伝えします。

このサイトをフォローする!