起業したいと思っている人は働き方を変えたいだけかもしれない

働き方が多様化し、フリーランスや副業で働く人も増えてきました。
そういった働き方をみて、転職か、独立かをてんびんにかけるという人もいるかもしれません。
でも、独立を考えるなら、本当に独立する必要があるのか、一度考えてみてほしいです。

独立・起業したい理由は?

「将来は独立したい」という人は、なぜ独立したいのでしょうか?
・自分がやりたい仕事だけに集中できるから
・時間や場所に縛られない働き方をしたいから
・・・
もしライフスタイルが独立したい理由なら、本当にそれは独立しないとできないのか?ということをもう一度考えてみてほしいのです。

会社員でいることのメリット

会社員として勤務することは、独立するよりもいろいろとメリットがあります。

1、生活に困ることはない

当たり前ですが、会社に属していれば毎月の給料があるので、仕事がとれなくて生活に困ることはまずありません。
「どうしてもやりたいことがあるから」と独立したはいいものの、お金を稼ぐために結局やりたくない仕事もやらざるを得ないということになりかねません。
新しい事業をやるには、ある程度の精神的な余裕が必要です。やりたい事業があるなら、会社員をやりながら副業で始める方が、むしろいい結果になることが多いです。

2、社会的な信用を得られる

会社に属しているというだけで、社会的な信用を得られます。クレジットカードを作るのも、金融商品を購入するのも、賃貸を申し込むのも、独立するだけで難しくなります。
仕事をとる意味でも同様です。会社に属していれば、会社のブランドとして大手企業の信用も得られますが、個人になると、いくら個人の能力があっても新規で企業からの信用を得ることは難しいです。

3、社会保険に入れる

会社員であれば、企業で社会保険に加入してくれるので、自分で支払う手間が省けます。個人事業主は、保険や納税などすべて自分でやる必要がありますが、会社に属していればそれらの手続きを省くことができます。

会社員であるというだけで、信用や保険など様々な側面で「守られて」仕事ができるのです。


独立しないと本当にできないの?

新しい事業を仕事としてやりたいと思えば、大企業やメガベンチャーの新規事業開発部署でも取り組めます。ライフスタイルを重視したいなら、フルリモートの働き方を取り入れている会社で働くのもいいでしょう。
「独立したい」と思う人は、なぜそう思うのかの理由を明確にして、会社員としてそれができないかの選択肢を考えてみてください。

このサイトをフォローする!