「転職します」って、会社の上司にいつ切り出すべき?

転職先もほぼかたまり、新天地への希望にわくわくしてきた!

転職活動は、転職先からの採用が決まって終わるのではありません。現職の退職を手続きをしっかり終えるまでは、まだ転職活動が続いていると思いましょう。
でも、どのタイミングで、どうやって上司・会社に転職意思を伝えればいいのでしょうか?

上司にも、会社にも転職を止める権利はない

転職意思を上司に伝えるのは勇気がいりますし、いざ伝えてみたら、引き止めに合うことはよくあることです。ただ、大前提として理解しておくべきは、「上司にも、会社にも、従業員の転職を止める権利はない」ということです。
どれほど個人的な引きとめにあおうとも、それに従わなければいけない法律はどこにもありません。何を言われたとしても、自分が転職したいと思えば転職することができます。

しかし、退職した会社も、将来の取引先になることもありますし、人によっては出戻りの可能性もあるでしょう。一方的に「辞めます」と言って関係を悪くして退職すると、あとあと自分が困ることになります。せっかく仕事で築いた信頼関係なので、お互いに納得して退職できるようにしたいですね。

いつ切り出すべき?

一般的に、退職意思は1か月前に伝えると決まっている会社が多いと思います。これは各企業の就業規定によるため、必ず確認するようにしましょう。
規定上は「1か月前」で許されても、実質担当しているプロジェクトや、お客様への周知を考えると、2か月以上準備がかかる場合もあります。転職活動を始める際に、退職手続きにかかる時間もふくめて逆算するようにしましょう。

どうやって伝えるべき?

なぜ転職しようと思ったか、転職してどんなことを実現したいかを伝えましょう。
それでも、「その実現したい事が本当に転職先でできるのか」、「自社の中で異動することでも実現できるのでは」と迫られることもあるかもしれません。
引き止めのために、昇給や、希望する部署への異動をオファーする上司もいるかもしれません。

全く違う業界へのキャリアチェンジの場合は、今の会社では経験できないことを説明しやすいと思います。
同業種でのキャリアアップをめざす転職の場合でも、全く同じ性格の仕事をする会社への転職ではないはずです。(それなら転職を選ばないはずですから・・・)今の企業で何ができなくて、次の企業でなにが実現できるのか、その違いを自分の中でしっかり整理して伝えるいい機会でもあります。自分も納得できるように、一度考えてみるといいでしょう。

良好な関係を築くことを大前提に

転職したとしても、人間関係は続きます。転職は一つのきっかけにすぎませんし、同じ職場で働いたという関係は、人生の中の一部の関係性にすぎません。あるいは、転職がきっかけとなって、これまで仕事の付き合いしかなかった先輩や同僚が、プライベートのいい仲間になる可能性もあります。将来一緒に起業することもあるかもしれません。ぜひ、良好な関係が築けるよう、丁寧なコミュニケーションをたいせつにしてください。

このサイトをフォローする!