20代の転職で「やりたい仕事」探しは消耗するだけ

新卒で入った会社で希望しない部署に配属されて、延々とやりたくない仕事をやらされる。
「こんなことをするために会社に入ったんじゃない・・・」
「好きこそものの上手なれ。もっと、自分のやりたいことを仕事にするべき!」
・・・
もしこういう考えを持っていたら危ない。
やりたい仕事を探して転職活動をすると迷宮にはまります。

「やりたい仕事」=「今やってる仕事以外」になっている?

「これをやるために入社したんじゃない」と思っている場合、やりたいことが明確にあるというよりは、今やっていることを止めたいという思いが強くなっている可能性があります。
転職して、短期的にやりたい仕事に当たったとしても、部署の異動や担当の変更があれば、また「やりたくない仕事」の担当になってしまうかもしれません。そうなると、転職が仕事を逃れるための手段になってしまい、キャリア形成につながりません。

「やりたい仕事」は時間をかけてつくられていくもの

仕事が楽しいと感じるのは、仕事によって自分の成長が得られて、自分の能力が役に立つと実感できるとき。つまり、やりたい仕事というのは、ある程度時間をかけて経験を積む中で形成されていくものだと思います。だからこそ、まだ経験が浅い状態でやりたい仕事を探しても、説得力を持った「やりたい仕事」が見つかるはずもないのです。

つまり、「なにをやりたいか」に出会うのには、ある程度の時間がかかるのです。

20代の転職は「どうなりたいか」を軸にする

能力で勝負しにくい20代のうちは、「どうなりたいか」を指標にするといいと私は思います。
「どうなりたいか」とは、「成長できる環境に身を置きたい」「常に向上心を持っていたい」など、どんな状態でありたいかということを指します。
じゃあ、「どうなりたいか」をどうやって見つければいいかというと、ロールモデルに出会う事です。
出会ったことのない働き方やライフスタイルを、自分で想像することはできません。

・できるかぎり様々な人に会う
・様々な人にあっている人(=キャリアアドバイザー)に情報をもらう

などの工夫をして、どうなりたいかのイメージを自分なりに作っていくことが大切です。


おまけ:「好き」を仕事にすることは相当なコミットがいる

「美容が好きだから美容の仕事がしたい」と美容業界に飛び込んだ人も、スタイリストになるために毎日アシスタント業務をして、夜は日が変わるまで練習しています。「好きなこと」は「楽なこと」ではなく、好きだからこそ人ができないような努力も乗り越えられるという意味だと思います。

正直、毎日努力をしてでもやりたい仕事に出会えたら最高に幸せだと思います。
転職活動は、それを考えるひとつのきっかけです。

ぜひ、やりたい仕事に出会うために、「なりたい自分」を考えてみてください。

このサイトをフォローする!