社会人3年目。今すぐ転職を考えていない場合でも転職エージェントに相談していい?

社会人3年目は、このままでいいのか・・・というモヤモヤを抱える人が急に増え始めるタイミングです。新卒で入った会社にどはまりして、一生懸命頑張れる+スキルアップもできるという職場に出会える人はまれだと思います。
新卒の就職活動では、何が仕事を選ぶ基準になるのかを本当に理解して選択することはかなり難しいと思います。
(最近は1年生からでも長期インターンに参加する動きも見られるので、企業判断軸も磨かれていく傾向にあるかもしれませんが・・・)

そこで、「このままでいいのか・・・」モヤモヤ症候群の方のために、そのモヤモヤをある程度解消する方法をお伝えします。
それは、転職活動をすることです。


大前提:転職活動は、今すぐ転職しない場合でもやっていい

「なんとなく考えてはいるけど、今すぐ転職しようとは思ってない!」という人もいるかもしれません。しかし、大前提として、転職活動は、今すぐ転職しない場合でもやっていいのです。
まずは転職サイトに登録して求人票を眺めるところから始めて、転職エージェントに登録し、実際面接にいってもよし。
むしろ、「3か月後にはぜったい転職するんだ!!」と意気込んで転職活動する人の方が少ないのではないでしょうか・・・


転職活動をするメリット
転職活動をすることで、大きく二つメリットがあります。

1)自分の振り返りができる
2)自分の市場価値を知る

1)自分の振り返りができる、について
転職活動を始めるにあたり、まずやるのが「自己分析」。これまでの職務経験やそこで身についたスキルを棚卸する作業をします。これは、実際転職をする場合の、転職の「軸」を見定めるためです。
新卒の就職活動の時も、企業選びの軸を決めたように、今回は転職の軸を決めます。

軸が決まったら、次に書き出した業務経験をもとに、職務経歴書を作成します。
職務経歴書には、業務内容だけでなく、そこでどんな実績をつくったか、自分がどんなパフォーマンスを発揮したかといったアピールポイントを記載します。
この作業をすることで、今の企業で育てられた「強み」や新しく身についた「スキル」を再認識できます。

2)自分の市場価値を知る、について
いよいよ応募企業の求人票を参照してみます。自分の現職やスキル、経験をもとに、提案できる求人票を転職サイトやエージェントの手持ちから参照することができます。
そこで、
・どんな企業の、どんなポジションがあるか
・想定年収はいくらか

が確認できます。
「おっ」と思うような大手企業や、注目のスタートアップでも可能性のあるポジションが見つかったり、思ったより高い想定年収の求人があったりします。
むやみに転職を勧めるわけではありませんが、今は売り手市場。特に若手は転職によって年収が上がることが多く、思った以上に自分の価値が高いと感じられるかもしれません。
※求人票の段階では、あくまで応募可能性があるに過ぎません。年収やポジションについても想定価値であるとくれぐれもご承知ください


転職が初めてなら、まずは転職エージェントに登録しよう

これらの自己分析、文書作成、求人探し、応募、推薦状の送付、面接の段取り、入社時の条件交渉までを全面的にサポートしてくれるのが転職エージェント。もし転職が初めてなら、転職の流れを知るためにも、転職エージェントと転職活動を進めることをおすすめします。

そこで、「今すぐ転職はしないつもりでも、転職エージェントに相談していいの?」疑問について。
答えは、もちろん相談してOKです。
基本的に、転職エージェントを利用しても、求職者は無料です。転職エージェントは求人を出している企業側から、転職の成約時に成果報酬としてお金を受け取るビジネスモデルなので、求職者側からのフィーは発生しないのです。

リクナビ、マイナビ、doda、@type、エン・ジャパンなど、大手であれば、すべての業種、年齢(※主に20代~30代)にわたってノウハウが貯まっているので、どの企業を受けるときも、過去の面接で聞かれた質問や、何を評価するかまで教えてもらえます。


二回目以降なら転職サイト+転職エージェントの二刀流

ちなみに、転職したことがある、という場合は、自分で転職サイトで検索→転職エージェントに推薦状を書いてもらって応募という流れがいいと思います。
自己応募は、基本的に自分に有利になることはないので、エージェントからの推薦状をもらった方がよりいい条件で面接を進められると思います。


(おまけ)筆者の転職ケース

筆者のケースは、
1回目:エージェント利用、最終的に自己応募(企業のウェブサイトから問い合わせ)
2回目:ヘッドハンティング
3回目:縁故

1回目の自己応募については、セミナーで登壇されていた社長さんの話にひかれ、その後コーポレートサイトからダイレクトメールを送ったところ、結局その企業に決まったという流れでした。
いずれもキャリアアップではなく、キャリアシフト、キャリアシフトの連続なので、「なぜこの会社で、この仕事をしたいのか?」を伝える事には力をいれました。そのあたりは別の機会に。

このサイトをフォローする!