20代で転職するとキャリアに「傷がつく」?

経歴が「きれい」という表現を聞きます。国立大学を卒業し、修士号を取得、大手企業に就職し勤続中。3~4年働いて転職してしまうと、キャリアに「傷がつく」と考える人がいます。
そもそも傷がつくってとういうことなんでしょうか?

キャリアに「傷がつく」ってどういうことか

終身雇用の常識がまだ払拭されておらず、20代で転職することは「早期退職」だとみなされ、「継続して同じ職場で働けない」、勤務年数が短いので「専門性がない」などと考えられるのではないかという考えです。

たしかに、大手企業に就職すると、3年で転職する人は少数派だと思います。周りの先輩上司は、同じ会社に20年、30年勤めているという方も珍しくないでしょう。長年働いていれば、会社の中で異動もあり、同じ会社で全く異なる経験をすることもできるかもしれません。
そんな中で転職すると、珍しい目で見られることもあります。

しかし、人生100年時代においては、ワンパターンのキャリアしかもたないことはむしろリスクではないでしょうか。
経済環境は目まぐるしく変化しており、今築いたキャリアがいつ役に立たなくなるかもわかりません。
3年は、長い社会人生活の中で考えれば短い時間ですが、3年一生懸命働けば、未経験でも専門知識を有することができるほどには、十分に経験を積める時間だと思います。

なので、20代で転職することそのものは、「傷」ではないと考えています。

20代はチャレンジの時間

チャレンジの転職をするなら、20代でこそ転職するべきです。なぜなら、未経験でも雇ってもらえるのは20代のうちだからです。20代は、30代でなんの専門家になるかを見定める時間です。だからこそ、20代のうちに、未経験だけどやってみたかったことをやるべきです。

それが、別の業種の仕事や、異なる規模の会社なら、転職してチャレンジするのはかならずポジティブに働きます。

また、1社しか経験していないと、その会社のやり方が常識だと思ってしまいがちなので、複数の会社を知っている方が、その後クライアントとのやり取りや、再度転職する際受け入れやすくなるでしょう。

転職はキャリアを傷つけるのではなく、キャリアを磨くもの

転職は、キャリアを「傷つける」のではなく、むしろ「磨く」ものです。ぜひ、20代のうちはチャレンジの転職をして、30代からのキャリアの土台を築いていってください。

このサイトをフォローする!